草間弥生を観に水玉だらけの松本市美術館に行く

草間弥生の出身は長野県松本市

松本市美術館に行ってきました。最寄り駅はJR松本駅です。

前日はこちらに宿泊しました。

レトロと新しさ、和モダンが心地よい長野県・松本ホテル花月[宿泊記]

木々に埋もれても水玉だけで「草間弥生」を連想できる素晴らしいアイコン。

犬の[TOKO-TON]

館内に入ります。入館料は410円。

カウンター脇には唯一撮影できる[考えるかぼちゃ]。若いこ達は後ろに回って撮影したり、穴を利用して撮影したり。インスタ映えのための工夫も立派な創作活動だなー。

ここから館内の写真撮影はNGです。

館内は広く、思った以上の作品が展示されていました。

さて、草間弥生常設展を鑑賞します。入ってほど近いところにある[鏡の通路]という作品(空間)があるのですが・・・しばらく動けなくなりました。

ご自身の幻聴幻覚を表現されているのが水玉の世界との言われもありますが、鏡に映る自分とどこまでも続く水玉の世界に、魂を持っていかれ軽いトランス状態に・・いい悪いとかじゃなくて・・。

現代アートって如何にショック(恐怖感という意味も含め)を与えるか。みたいなところがあると個人的に思っていて、その点で今まで5本の指に入るくらいの作品でした。

草間弥生、恐ろしい子!

観賞後に外に行くと、最初は気づかなかった水玉の世界が笑

こういうのを面白いと思ってやっていただける器の広い方なんでしょうね。コカコーラ社も。

鑑賞前には「まあポップ♡」と思っていた野外彫刻[幻の華]が、観賞後には「人喰うんじゃないか!?」とガクブルです。(個人の感想)

ミュージアムショップで、てぬぐいを買う

ショップには草間さんのグッズがたくさんありました。常設店の図録があれば欲しかったのですが、置いてなかったです。商品化しやすい作風なので文具やキーホルダーなどがたくさん売っていました。

てぬぐいは、松本美術館限定のドット(赤)と普通のパンプキン(黄色)の2種類を購入しました。

パンプキンは額装にして飾るのにいい感じ!ドットは普段使いするのに毒がなくてかわいい。

パンプキンなら手に入りそうです。