リージェント台北の大班廊・タイパンラウンジ付きの滞在。夜22時までのカクテルタイムが素敵[宿泊記]

2019年9月に宿泊したリージェント台北、クラブフロアのタイパンラウンジを利用しました。

タイパンラウンジ 24時間営業

タイパンラウンジは最上階の1つ下の階にあります。

主なサービスはこちら

  • 24時間営業
  • 終日コーヒー/紅茶/スナックの提供
  • AM6:30〜10:30 ビュッフェ式朝食
  • PM17:30〜22:00 イブニング・カクテル

なんといっても24時間営業というのが素晴らしい。

この19階タイパンフロアは他階とデザインの趣がガラッと異なります。インテリアがランクアップされムーディー。

廊下の先、奥にラウンジがあります。

スタッフの方は入室時ルームナンバーチェックを欠かさなかったので、利用者以外は進入できません。しかし滞在の最後の方は顔を覚えてくださりちょっとスムーズに。

いつもドアオープンの状態ですが、深夜近くなるとドアは閉められますがしっかり24時間営業しています。

  • 台北晶華酒店 Regent Taipei

>> リージェント台北 中山区

タイパンラウンジは大人のための空間

12歳未満の子供はタイパンラウンジには入れません。子供が入れるもう一つのラウンジ「バルコニーラウンジ」と差別化されています。

利用者を制限しているのか少なかったのか、いつ行っても人が少なくて快適すぎです。

中央奥には、常時ドリンク&スナックが用意されているコーナー。夜にはカクテルも作ってくれます。

バルコニーラウンジとは比べ物にならないラグジュアリー仕様。サービスも次元が違います。

子供入場不可ラウンジのため、ファミリー以外のならタイパンラウンジとバルコニーラウンジを迷っているのであれば、迷う必要なくタイパンラウンジです!

両方の利用料金差額を考えても体感的にもコスパは決して高くありません。この空間が24時間使えるのはホテルステイの利用幅が広がるかも。

17:30〜22:00のイブニングカクテルタイム

初日の夜に初めてラウンジの様子を軽くチェックしにきただけなのに居心地がよくついつい長居してしまいした。

カクテルタイムもが22時までなのはかなり使い勝手が良い! 絶妙のタイミングでドリンクを聞いてくれるのでお酒もついつい頼んでしまいます・・。

ショットグラスに盛り付けられた前菜やホットミールもあります。がっつり夕食というラインナップではないですが、小腹を満たす・簡単に夕食をすませたい位には十分。

朝食もタイパンラウンジで

朝食なしの宿泊プランでOK

ラウンジでは朝食も食べることができるので、今回の宿泊プラン朝食なしで申し込んでいます。(1階レストランBrasserie)

ちなみに前回の宿泊(2015年)では朝食付き宿泊だったのでBrasserieは体験済み。種類はワクワクするほど多かったです。・・・が、同時にすごく混んでいて待った上に、日によってはハズレ席に案内されてしまったこともありました。

ラウンジ内には色んな席がありますが、朝食のアタリ席はテーブル席。

ソファー席は椅子とテーブルのバランスが悪く食事には向きません。テーブル席は食事しやすいダイニングタイプですが人数が多いグループに遠慮して、なんだかんだで定位置になっているいつもの窓際ミニテーブル席です。

朝は日差しが眩しく、昨夜のダウンライトの空間とは一転、爽やかな空間に。

1階レストランBrasserieは種類豊富なブッフェスタイルで有名ですが、こちらラウンジでもボウルに山盛りサラダができるくらいにはラインナップは充実しています。

ドリンクはフレッシュジュースとセルフの冷蔵庫には各ボトルドリンクがあります。

朝はシェフが1人常駐していて、ヌードルと卵料理をお好みで作ってくれます。

朝食時が一番客数が多かったのですが、日本人っぽい方は1〜2組くらいしか見かけませんでした。アジア系の方が大半だったかな。

タイパンラウンジの感想

旅行中の行きつけのBARができたみたい

・・・そんな感覚で毎夜ディナー後にちょっと立ち寄る感じが心地良かったです。

高層の夜景や雰囲気も素敵だし、好みのお酒もオーダーできるし、宿泊ホテル内でスタッフもこちらを知ってくれている開放感は海外旅行中は希少でとても安全。(といっても台北はとても安全な街なのですが)

台北は美味しい食事がコスパ良く食べれる外食天国ですし、朝食なんかでも外に食べに行った方が満足度が高かったりします。

お食事がわりになるからという利用なら費用対効果からラウンジそれほどおすすめしません。ホテルステイを楽しみたい方や、ゆっくり過ごしたい・こもりたい方は利用価値大です。

タイパンラウンジが利用できる予約とは?

上位ルームの予約

タイパンラウンジを使用してみたいなら一番簡単なのは、タイパンルーム (Tai Pan Room)もしくはクラブキングルーム (Club King Room)など自動付帯でエグゼクティブラウンジがアクセスできる部屋を単純に予約すればいいだけ。

ただ、上位のお部屋なのでお値段もそれなりにお高い・・。早めにホテルサイトをまめにチェックするのがコツです。

  • 台北晶華酒店 Regent Taipei

>> リージェント台北 中山区

台北に強いAGODAに比較的最安値が多いです。

旅行代理店の企画

もうひとつは、旅行代理店が企画をしている宿泊プランをみつけること。これはホテル比較サイトでは出てこないプランなので、広範囲にまめな情報収集が必須です。

ちなみに今回利用した宿泊はこの方法で予約しました。一般的なデラックスルームにタイパンラウンジがついてくるという宿泊プランでした。しかもホテル側のご厚意で、バルコニーラウンジルームに当日アップグレードしてくれました。

某外資系旅行代理店のこのプランを見つけ、とてもお得だったので台湾旅行を決めたくらいです。(エアーは自己手配)

最後の裏技

そういった予約がとれなくても、まだ可能性はあります。

当日チェックインの時カウンターに、追加代金でタイパンラウンジを利用しませんか?というPOPがあったらラッキーです。自分で当日アップグレードみたいなものです。

過去3回ここに泊まりましたが、うち2回このPOPを見かけました。値段は忘れたけど通常よりも安く募集していたはずです。ただし予約の部屋ランクは変わりません。

ランクや価格の低いお部屋の予約でも問題なくて、予算が合えば超ラッキー。チャンスがあったら是非♪

POPがなくてもチェックイン時に、タイパンラウンジ利用できるか?値段はいくらか?聞いてもいいと思います。日本人ゲストには日本人スタッフが対応してくれる事が多いので、そういったやりとりも言葉の問題がないことが多いです。

バルコニーラウンジとの比較

もうひとつのラウンジ、バルコニーラウンジも同時に体験できました。こどもも入場できるのでカフェのようなカジュアルな感じで全く雰囲気が違いました。体験記はこちら↓