飛行機でスーツケースの破損。過去2回ともグローブトロッターだった

今までに過去2回、飛行機に預けたスーツケースが破損して帰ってきたことがあります。

両方とも帰国便だったので日本での保険手続きが楽&自宅まで宅配便を利用できたのが不幸中の幸いでした。ほんと海外でのスーツケースの取り扱いは雑なんだなあ・・と。

また1回目は30インチ、2回目は18インチトロリー、両方ともグローブトロッター(globe trotter)だったのでした。偶然なのか?必然なのか?

グローブ・トロッターのスーツケース

一人旅をするようになってから色んな経験をして「スーツケースの条件は自分の力の範囲でハンドリングできる事」と感じていました。

重いスーツケースでは最低限の交通機関でも外国では困難な事が多かったです。(女一人旅でタクシーはできるだけ避けるという信条だったので、余計に)

そこで軽さを求めつつ、ときめくデザインを探し(お値段的に)頑張って手に入れたのがグローブ・トロッターでした。

グローブ・トロッターのトラベルケースは、1850 年代にイギリスで発明された「ヴァルカン・ファイバー」という、特殊紙を何層にも重ねてコーティングした素材で作られています。

アルミよりも軽く、革よりも丈夫。

ヴァルカン・ファイバーは 19 世紀の最先端素材でした。

グローブ・トロッター公式HPより https://jp.globe-trotter.com/craftsmanship/

大きさ違いで、30インチの「大」とトロリー付きの「小」の2つ持っていました。

エールフランスで、GLOBE TROTTER 30inchが壊れる

まずは一人旅でイタリア&フランスから帰国したエールフランス便、成田空港。

30インチはこのようなデザイン。上部ハンドルを持って引いて転がすタイプのスーツケースです。取手は引き出せません。高さが80cmあり容量66リットル、4.5kg。容積のわりに軽いと思います。

こちらがターンテーブルで上部ハンドルが行方不明の状態で戻ってきました・・・。

ヨーロッパからの帰りなので、中には化粧品・食材がお土産で多めに入っていたとはいえ、超過料金なしの制限内の重さでした。

エールフランスのbaggage claimカウンターで書類を書いてもらい、保険会社の連絡先を教えてもらいました。予定では成田から宅配便を利用しようと思っていたので宅配カウンターまでなんとか運びました。

帰宅後、保険会社に連絡すると「保険会社の指定業者に送る」か、「自力で修理業者へ持ち込み事後精算」のどちらかになるそうです。

ただし指定業者の場合は必ずしも純正パーツでの対応が確約できないとのこと。それではせっかくのグローブトロッターが悲しすぎます。自分で修理を手配することを選びました。

現在は修理サービスのルートがきちんとアナウンス&整備されているグローブトロッターようですが、当時は代表に電話して、自宅から最寄りの東京青山のヴァルカナイズロンドンの店舗に持ち込み、修理可能か見てからという段取りでした。

ショップスタッフも「珍しい壊れ方」とのことでしたが、2ヶ月ほどで修理が完了しました。代金は15,000円ほどだったと思います。全額負担してもらいました。

タイ航空プライオリティタグ付きで、GLOBE TROTTER 18inchが壊れる

2回目はバンコクからの帰国、タイ航空便。しかもビジネスクラス搭乗だったのでプライオリティタグがしっかり付いていたスーツケースでした。プライオリティの概念が・・

ハンドルが引き出し可能なのですが、そこを雑に扱ったようですっぽ抜けた状態でした。今回はパーツも残っていました。ただパーツはシルバーだったのでなかなか判りやすい無残さでターンテーブル上で人々の注目を浴びていました。

baggage claimに行くと、今回の破損は飛行機会社の免責にあたるそうです。ただ、海外旅行保険等で修理が可能ということで必要書類を作ってもらいました。

海外旅行保険は、いつもクレジットカードの自動付帯で済ませています。いくつかの保険利用可能カードの中から一番保険料が手厚かったAMEXのカードデスクに連絡して対応してもらう事にしました。

こちらは、「一度状態を見て、修理方法を事前連絡。了承後修理にとりかかる」とのこと。

一番心配なのは、純正パーツ以外のもので仕上げられる事を恐れていましたが、それも見てみないとわからないという事で恐る恐るお預けしました。

その後、純正パーツ(グローブトロッター)での修理可能とのこと。また、自己負担金は数千円(たしか2-3,000円ほど)になるとのことで対応にほっとしました。

 仕上がりも、純正修理で引手パーツを全部取り替えてくれていました。

GLOBE TROTTERは壊れやすいのか?

私の経験からすると、そうかもしれません。

特に今回のハンドル周りやロック部分は、クラシックスタイルを貫いている故、今時の取り扱いの対策が取られていないように思います。ただバルカンファイバーや角の革当て、ビスなどはとても丈夫だと思います。

またTSAロックに対応できていないので、アメリカ方面の旅行には持っていけない・・。

逆に機内持ち込みのサイズなら軽くて丈夫だし、汚れもこなれた良い印象になるのでおすすめです。

後日談

その後、30インチは処分してしまいました。

新築のマンションに入居していた頃、クローゼットにしまっていたら、中のクロス部分にすっかりカビがはえてしまいました・・。茶色っぽいシミがポツポツと。

新築は建物のコンクリートが数年間は湿っているとのこと。そのため仕舞い込む期間が長い30インチは気づいた時はすでに遅かった泣。

くれぐれも湿気の多い日本では気をつけてください。

18インチは国内旅行などにも使って出番が多く大丈夫でした。今も愛用しています。