憧れの名門クラシックホテルに泊まる 奈良ホテル①[宿泊記]

奈良ホテル
近鉄奈良駅より車で5分、JR奈良駅より車で8分、関西国際空港より車で90分
奈良県奈良市高畑町1096

2018年12月のクリスマスシーズンに宿泊しました。

創業1909年、優雅な和洋折衷 奈良ホテル

ずっと泊まりたかった憧れのホテル。クラシックホテルのエントランスのイメージは、昔の規格のため小さくが多いと思います。しかしこちらは高さもありとても大きく感じました。創業時の格式の高さが感じられます。

ドアマンがいらっしゃる玄関。赤絨毯でおでむかえ。

クリスマスシーズンで、右側には奈良ホテルのアイコン「鹿」さんがクリスマスイルミネーションとして大活躍していました。

館内は、どこをとっても和洋折衷が今見てもモダンで美しい!かつてアインシュタインやチャップリンも宿泊された記録があるそうです。その頃から使われてる建具は重要文化財級!

フロントがあるのは本館、二階はラウンジと客室になります。

宿泊は、いろいろ考えて新館ツインルームに

今回は新館ステイにしました。最初はもちろん本館が良かったのですが、12月の寒さを考えて部屋の暖房と水回り(大浴場はないので部屋のお風呂で暖まりたい)をちょっと心配して、迷ったのですが新館に。

でも新館でも奈良ホテルスピリッツのあるクラッシックな広めの素敵なお部屋です。

3階の部屋でしたがベランダは地上階。外をふと見ると、鹿の親子が目の前に遊びにきていました!カメラと主人を呼びに行っている間に去ってしまい・・・びっくりさせちゃったかな?

オリジナルのアメニティ

バスローブと浴衣の和洋折衷。

館内全てが見どころ

他のクラシックホテル、横浜グランドホテルや東京ステーションホテルの海外向けでしょうか?昔のパンフレットやコースターが飾られていました。今見ても素敵です。

館内にはクリスマスツリーも。

フレンチレストラン「三笠」のダイニングルーム入り口です。明日の朝食はこちらでいただきます。

The Barでちょっと一杯

ザ・バーで夜お酒を飲みに行きました。営業時間は18:00〜23:00まで。

クリスマスのオリジナルコースター。スタッフは上品な接客で身のこなしが優雅です〜。重厚なアルコールラインナップで主人はスコッチをオーダー、洋酒が苦手な私はビール。

会話しなくても場がもつような感じ。時代の時が止まったような素敵な空間でした。

夜がとっても似合うホテル♡

後半に続きます。

番外編 下呂温泉のクラシック旅館

下呂の昭和モダンなクラシックホテル 湯之島館①[宿泊記]

カテゴリー

アーカイブ