海洋堂フィギュアミュージアム黒壁、巷の美術館より見応えあるクリエイティビティ〜滋賀県長浜市

主人が、「雪で車で行くにくくなる前に越前へ蟹を食べにいきたい」というので、福井県まで行ってまいりました。

途中、長浜市に寄り「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」を鑑賞してきました。

海洋堂といえば、フィギュア制作・食玩・ガチャガチャなど造形の分野のパイオニアです。アニメ系から本物そっくりのミニチュア、平面を立体にデザインするなど、決してオタク要素だけではありません。昔、ちょっとだけ緻密な食玩やミニチュアに夢中になったこともありました。

初めて訪れますが今年7月にリニューアルしたばかりだそうで、館内とってもキレイでした。入り口は誰でも入れるショップでたくさんの家族連れが来店していました。子供の好きなおもちゃもたくさんあるので好きな子は大興奮してました。

ミュージムのほうには子供は見かけなかったな。

入場料には、ガチャガチャ1回付き

入場料は900円(大人)で、コインを1つもらえます。入場者プレゼントとして館内の好きなガチャガチャを1回することができます。300円相当を楽しめるおまけ付きなので入場料も決して高くはありません。

私はティディベアコレクション。主人はレスキュー119。

エントランスには北斗の拳ワールド。おそらく実物大だと思うのですが、我が日本人と比べると3回りは大きいです。

海洋堂といえばエヴァンゲリオン。一角に特集コーナーがありました。

初期はプラモデルから始まったのですね。

アニメだけじゃない、緻密なフィギュアの世界

どうしてもキャラクターものの印象のあるフィギュアですが、このような恐竜の世界や自然界の世界も見事に表現しています。

海の波は1枚のプラ板で細波を、水流もプラ材料で泡の感じも手作り。お魚はテグス(透明の糸)で吊っているアナログなお仕事。ミニチュアなので間近で隅々まで見ることができます。

小さい箱にこのような作品がたくさん展示されてます。箱にはガラスで封じられているので写真は撮りにくいですが、全て撮影OK。

映画ジュラシックパークのシーンを彷彿とするビビるシュチュエーションの展示も! たまにこのように剥き出しの展示もされていて360°ディティールをじっくりみることができます。

映画の名シーンをミニチュアで再現

ちょっと大きめのゴジラも剥き出しで。何か背景を合成したくなる。

シン・ゴジラの自衛隊との有名な戦闘シーン。ミサイルの軌道と爆発している煙、テグスと綿で表現してます。すごくないですか?!

今まで発表・発売されたフィギュアを陳列したコーナーもありました。

高山寺・鳥獣戯画を立体にした作品。

京都 鳥獣戯画で有名な高山寺。神護寺まで歩いて「かわらけ投げ」の御朱印めぐり

平面だったシンプルな絵を、(正面は当然として)360°どこから見ても違和感なく再現していいました。これすっごく欲しい!