三重の山道恐ろしすぎ!老ヶ野古田青山線、県道755号もとい「険道」に迷いこみ肝が冷えて泣く

メナード青山リゾートをチェックアウトして、今夜の宿「志摩」へ向かいます。途中せっかくなので伊勢神宮の別宮「瀧原宮」に寄る予定にしています。

その道中、カーナビに導かれるまま車を走らせたら、大変恐ろしい山道を通る羽目になってしまいました。ここ数年一番ちょっと命の危機を感じたスリリングなものでした。

まあ、常に定位置は助手席の女目線なので少し大袈裟なのはご容赦を!

県道・老ヶ野古田青山線

車に乗ると基本的には主人任せ。カーナビをセットして出発します。

数分ほど走ってナビどおり県道755号に。・・分岐にある「通行困難」の看板、もっと主張しといて!

この道はちゃんと県が管理している県道なんですけど、進むほどにどんどんと異常な光景が。

google MAPで初めてきちんと白線がひかれている事を知ったわ・・・。

今の状態は、道路として最低限以下のコンディション。道として全てが怖いのです。

  • 異常な道の狭さ
  • 右はすぐ崖。ノーガードレール
  • 左はむきだしの排水溝、しかも落葉で見えない
  • タイヤが乗り上げる大きさの落石多数

うちの車はどちらかというと車幅のあるほうなので、ほんと泣きそうに。

最初のうちは面白がって携帯で動画を撮っていたのですが、だんだんと恐ろしくなってテンションもダダ下り、「動画なんか撮っている場合じゃない」と悟り、そして無口に・・。

↓よろしければ動画をどうぞ。(無音・再生速度はノーマル・約2分)↓

もう道路なのか登山道なのかわからないくらいの荒れよう。白線も見えずどこまでが道路かも分からず、本気で崖に落車をするのでは?という恐怖とずっと戦っています。

助手席側のドア側は山ですが、大胆にはみ出た枝葉がガサガサずっと車体を擦っています。

このような道を約1時間半もかけてこの恐ろしい老ヶ野古田青山線をようやく通り抜きました。その間、ガタンゴトンと揺れる車内で体は硬直、ずっと無言です。運転している主人もかなりレアな体験でしんどかったそうです。対向車が来なかった事が唯一の救いです。

ちまたではこのような県道は「険道(けんどう)」と。国道は「酷道(こくどう)」と呼ぶそうです。

メナード青山リゾートでもらった地図にも、こっそり注意書きが書かれていました。まんまとうちのナビは紫の注意書きの通りに。

しかし狭い山道って簡単な言葉じゃ足りないよ!!

伊勢神宮の別宮「瀧原宮」には夕方に到着できたのですが、そこにたどり着く半分以上は「険道」&「酷道」でした。もう三重県の山道には一生近づくまい。もう懲り懲りです。