3連続で北海道へ向かう!今度のフライトは、ANA修行僧の聖地・オホーツク紋別空港へ

前回の北海道 帯広の旅から1ヶ月、またまた北海道に行ってしまいました〜。
今年に入ってから函館空港→とかち帯広空港→今回と、1ヶ月に1回のペースで北海道に来ていてもう3回目。

ANAマイルの有効期限が迫ってて何としても消化したかったタイミングのANA今週のトクたびマイルオホーツク紋別空港がラインナップされていました。なんと羽田-紋別間の長距離が片道3000マイル!

ANA今週のトクたびマイル
通常よりも少ないマイルでANA国内特典航空券が発券できるサービス。直近1週間のフライトが対象、行き先もランダム。急な休日や思い立ったら旅したい人には最高のサービス

一度行ってみたかったオホーツク紋別空港、ANA羽田便しか飛んでいない1日1往復だけの空港です。近頃はANA上級会員(SFC)を目指すマイル修行僧のメッカとして有名かも。

私が2017年にANA修行したときは、主に海外フライトのビジネス&プレエコクラス(今思うと贅沢な修行!)でほぼ達成、あまり国内線を使わず解脱できたので、紋別空港まで修行するご縁はありませんでした。

NH375 羽田→紋別

羽田空港出発のお楽しみ、午前中からANAラウンジでビール♡ JALと違って袋入りのスナックなのがいいよね。

出発は、羽田空港第2ターミナル・バスラウンジからです。

羽田空港は快晴でした。天気の良い沖留めからの搭乗は気持ち良い。
しかしこの旅で天気の良かったのは結局この時だけでした。あとはずっと雨模様。

紋別上空オホーツク海が見えます。これ、冬だったら流氷が見れるのでは?

紋別空港に到着。私たちが乗ってきたこのANA機だけが、今日の紋別空港に着陸した唯一の飛行機です。

オホーツク紋別空港

乗ってきた飛行機は、数十分後には羽田行きとなり出発。なので紋別空港の各サービスも14時頃には営業終了になる営業時間の短い空港です。

タラップを降りたら歩いて空港建物内へ。県営名古屋空港(通称:小牧空港)もこんな感じだったなって思い出しました。

ANAカラーで、飛行機の柄もANAなのは、ANAしか就航していないから。

空港の建物は、波打つような天井が印象的で、日差しふりそそぐガラス張りの明るいイメージでした。

色々なものがコンパクトにまとまってるけど賑やか。でも売店もカフェも約4時間だけの集中営業です。

レンタカーを予約してたけど空港唯一のレンタカー屋・トヨタレンタカーのカウンターは大混雑。のんびりしてたら10組以上の待ち時間が発生してしまいました。
結構レンタカー利用者が多いです。

ちなみに、今回泊まるホテルは女満別空港にも近く「だったら女満別空港発着にすれば良かったのに」と主人に問うたら、レンタカー料金が女満別空港で借りるのと紋別空港で借りるのではだいぶ価格差があるらしく、紋別のレンタカーは安くてオススメらしい。

レンタカーの順番を待つ間、空港内をうろうろ。空港職員さん作のほっこりディスプレイを楽しむ。

かわええ〜♡ 素人っぽい手作り感がたまらない。

近くの猿払村の民家に現れ捕獲したという、北海道でも最近では珍しい大ヒグマ(350kg)の剥製も。・・こんなのマジで恐ろしい。牧場から寄贈された子鹿のバンビの剥製とのギャップたるや。

紋別タッチ

紋別タッチとは、ANAの搭乗ポイントを効率よく稼ぐマニアが生み出した旅のスタイルです。

①羽田発→②紋別着→③40分後の折り返し便で紋別発→④羽田着という計4回のフライトを一気にこなすこと。紋別滞在は約40分でまさにタッチするだけ

かつてANAとJALで上級会員修行&解脱し日帰りは経験あるけど、やはり少しでも現地体験したくて空港から出ないなんてことはありません(できません)でした。しかし限られた日を使って効率的に稼ぎたい人にとってはこの方法はとてもアリなのだそう。

2021年のコロナ禍に空港が公式に「紋別タッチイベント」を企画。
スタンプラリーに記念品や、くす玉まで用意して紋別タッチを盛り上げていたそうです。おかげでコロナ禍の搭乗率も激しい落ち込みは回避できたみたいでした。(現在イベントは終了)

こちらは、5タッチからお名前が張り出されている紋別タッチボード。今でも展示してあります。

イベント期間の1年半ほどの間に、110回も紋別タッチを達成した猛者が! これは、だいたい5日に1回の頻度なのでは?!
マイル修行界の有名人パラダイス山元さんのお名前ですら40タッチエリアなのに!

2階の見学デッキでは、かなり間近で離発着を見る事ができます。

先ほどまで乗っていたANA便。折り返し羽田便になる準備中でした。

今日から2泊3日で、ひがし北海道エリアを旅します。