熊野巡りのはじめは、御朱印帳を入手するため最初に熊野本宮大社へ①

2018年9月に2泊3日で和歌山に行ってきました。熊野巡り(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の熊野三山)と、パンダのいるアドベンチャーワールドが目的です。

熊野巡りをするにあたり、まずは総本山である熊野本宮大社に参拝し、御朱印帳を頂こうと思います。

熊野といえば八咫烏。八咫烏といえば日本サッカー協会。余談ですが、サッカー日本代表公式スポンサーであるKIRINの、日本代表ラッピングされた自動販売機が鳥居の一番近くに設置されていました。

なかなかの距離の階段を上がり、木々に守られているような境内が見えてきました。

参拝者が少ない時間帯だったようで、ゆっくり落ち着いた気持ちで参拝することができました。上品で華美すぎない日本の美の価値観を他らしく思える社です。

一緒に購入した八咫烏の絵がある「てぬぐい」もいただきました。なかなか使いづらいかもしれませんがお守りがわりに。御朱印帳は一種類のみだったと思います。価格は1500円でした。最初のページにいただきました。朱印は300円。

参拝後は、階段を降りたところに茶屋やレストラン、お土産物ショップなどがありました。熊野古道巡りのためのグッズや八咫烏(ややサッカー押し)の商品が程よく充実していました。

本日はこちらのみ参拝し、3日目に行く熊野那智大社へ続きます。

カテゴリー

アーカイブ