伊勢神宮の外宮・内宮と別宮の5つの御朱印、お守りもいただきました

2018年1月に伊勢神宮に行ってきました。

朝5時開門の伊勢神宮、人少ない朝に内宮を参拝してきました

伊勢神宮、早朝参りできる宿なら清々しく人混み知らず。伊久[宿泊記]

伊勢神宮(正宮)の近くには、別宮と呼ばれる正宮に準ずる格式の高いお宮があります。20年ごとの式年遷宮も同じく行われています。今回は正宮の周辺にある別宮を含め、5箇所の御朱印をいただきました。

まずは前日に神宮会館で御朱印帳を選ぶ

ご朱印帳のことを出発前に調べたところ、「正宮では品切れだった」「希望の色が置いてなかった」等の口コミがありました。また確実な方法としてあらかじめ購入する方法があることを知りました。

それは、おかげ横丁の近くに、神宮会館(伊勢神宮崇敬会)というホテルで購入するという方法です。ここは伊勢神宮と同じ運営団体の施設だそうです。だから正宮と同じ正規の品が手に入るという訳です。

夕方に伺ったところ、1階ロビーの大きめのお土産物売店の中に、素材&色違いやご朱印帳入れなど結構な種類がありました。他にも神事の品や特産品なども充実していました。

結果から言いますと、品切れもないし何より実際に手に取ってじっくり選べたので、こちらでの事前購入は正解でした。正宮ではそういった事が難しいと感じ、場所によっては置いてないものもありました。

ピンクの西陣織の御朱印帳(1500円)に決定しました。

伊勢神宮 正宮「内宮(皇大神宮)」、「外宮(豊受大神宮)」の御朱印

伊勢神宮 別宮「月夜見宮」「倭姫宮」「月讀宮」の御朱印

時間の制限があったので行きやすいところだけです。7カ所中の5カ所は、正宮周りにあるので難しくはありません。残りの伊雑宮と瀧原宮の2つは特に正宮から離れているので1日では難しいそうです。

月夜見宮は、外宮から約300mの距離なので歩いて行けます。あとは車で移動しました。

内宮と外宮で、開運鈴守(お守り)をいただきました。

内宮はピンク色、外宮は白色を選びました(各1000円)。色はそれぞれ4種ありました。鈴の音が開運を開くそうです。シックな男性好みのものもあり。今回は御朱印に合わせてチョイスしました。内宮は綿が入っていてふっくら感が優しい感じ。外宮は勾玉がモチーフで固めで側面にロープのトリミングがあって凝ったつくりです。

お守りは他にも種類がたくさんありましたが、鈴がついておらず「学」とか「交通」などのより細かな要望に沿ったお守りでした。

伊勢神宮モチーフのてぬぐい

お土産物やでご当地てぬぐいを購入しました。伊勢の各宮が地図に配置されているデフォルメデザイン。地理的にもわかりやすい。フォントデザインも御朱印風です。