修善寺「湯回廊 菊屋」の夕食は季節を感じられる伊豆会席でした[宿泊記]

菊屋の夕食・朝食は、修善寺囃子というレストランに向かいます。

夕食

夕食の時間ですが初夏なのでまだ明るい時間のスタートです。見た目も華やかな前菜からスタートです。

季節がら、中央のお寿司は紫陽花寿司と名付けられていました。グラスは食前酒です。

カービングされた大きな冬瓜が!

中には、先椀の枝豆のすり流し。目の前でサーブしてくれます。

おつくり。ここらへんの名物のワサビがたっぷり、スタッフの方がすりおろしてくれるのでゆっくり食べられます。

選べるメニュー① 鮎の塩焼き or 桜海老のかき揚げ

鮎の塩焼きをチョイス、焼きたてではなく目の前の炭火であたためるシステムでした。一度に大勢の人数を賄うのでしかたないですね。でも立派に太った鮎でした。

ドリンクはメニュー表を見て白ワインを注文しました。赤ワイン好きの主人には折れてもらいました。赤ワインで川魚食べたくない・・。

選べるメニュー② 

私はお魚をチョイスして鯛のカダイフ。量もちょうどよく女性向き。

主人は特製ビーフシチューをチョイス。1品だけ洋風メニューが混ざると気分的にも満足度高いです。

途中、メニューにはない一品がでてきました。じゅんさいです。旬ものがうれしい!

煮物とごはん。ごはんは3種類から選べて山葵味噌ごはんにしました。手前の貝の小皿に盛られたのが味噌です。

デザート。全体的に共立メンテナンスのお宿にしては丁寧に接客してもらったなあと思いました。メニューも手の込んだものが多くて満足です。

夜食 夜鳴きそば

そして夜10時になると、無料でラーメンのサービスがあります。

この日は朝と昼が十分に食事ができなかったので、(夜に炭水化物をとる)罪悪感とともに食べに行きました。

会場のそばにはテラスがあり、外のテーブルで食べることにしました。

さらっと食べれる絶妙な量です。

館内にはお茶やウォーターサーバーが無料で設置されていますが、自動販売機にはアルコールのラインナップが割と大量で(笑)呑む人には嬉しい限り。周辺にはコンビニはないしお買い物は不便なところですが、良心的な価格だなあ。

和朝食

前日の夕食時に和朝食or洋朝食かどちらにするか聞かれていました。あんなに丁寧な夕食を見たら和食しか考えられません。

お魚は鯵の干物。意外に漁港に近いのが伊豆の温泉地、これはすぐそばの沼津の名物ですね。肉厚です。ごはんのおかずばかりになりがちな和朝食だけど、やさしいおかずが多くて食べ応えがありました。

夕食も朝食もほんのり上品なのに親しみやすくてとても気に入りました!

ふるさと納税でも

静岡県伊豆市の返礼品にもこちらの宿泊券がラインナップされていました。

→修善寺温泉【湯回廊 菊屋】平日宿泊券2名様