雪道&冬アクティビティに備えて買ったもの。THE NORTH FACE ヌプシブーティ

雪国に行く準備のため購入したものを。

冬の北海道、まずは安全に雪道を歩ける事

安心して過ごすためには滑らない雪靴が必須です。

水濡れに強くて暖かくおしゃれであって欲しい。さらには街歩きにも浮かないデザインである事。

できれば雪山以外でも使いたいので、アウトドア系の情報より、ファッション雑誌をチェックしまくって一番条件に合致したのがザ・ノースフェースのヌプシブーティ。

THE NORTH FACE ヌプシブーティーウォータープルーフロゴ ¥17,000+税

ファッション誌のスタイリストがセレクトしたアイテムだから、コーディネートしやすいのはお墨付き。ブーツ丈も洋服に合わせやすそう。

ロゴがプリントでなく刺繍で足首にあり、カジュアルすぎないのでお気に入りです。

ネットでは色々な品番がありますが、素材や丈の違い、ソールの材質、ロゴマークの表記がどこにあるか?何色か?などで違うようでした。

靴裏はビブラムソールのスパイク。防水素材ですが、事前に防水スプレーを更にかけておきます。

突然行くことになった雪国対策には?

1年前に雪の降る冬の北海道に行った時は、3日前の予約だったため、きちんと準備することができませんでした。

それで急遽ホームセンターで靴に装着する滑り止めバンドを購入してしのぎました。

試しに付けてみると、なかなかの圧で装着する靴に負担がかかるようだったので、履き古したブーツ(ヒールは5センチくらい)で行くことに。

現地では、滑り止めとして思った以上の働きをしてくれました。

雪深く足場の悪い硫黄山でも、屈斜路湖の展望台の坂を歩いても滑らず快適でした。ヒールの高さはあるのですが、足指の付け根で歩くので問題ありません。

ただ、外れないようにかなりの圧で装着するので、爪先の圧迫感で足の爪に負担がかかったのと、ゴムが当たる靴の表面加工が擦れて傷んでしまいました。

結局古めのブーツなのもあり、その後廃棄しました。

感想としては、このくらいのヒール高さは思ったより安全。ただしお気に入りの靴にはダメージはあるので装着しないほうが良いです。

ちなみに、「ゴムだけのバンド」と「金属スパイク付きのバンド」の2種類が店頭にありましたが、ゴムだけのほうがおすすめです。金属スパイク付きは屋内施設に入るとカツカツ音が響きます笑