パリで鑑賞した、クリスチャン・ディオール 夢のクチュリエ展

Diorがこのところ様々な楽しいコンテンツを提供してくださっています。

公式メルマガで知り、中でも「クリスチャン・ディオール 夢のクチュリエ」展の舞台裏ドキュメントムービーは約1時間の見応えのあるものです。

実はこの展示を2017年夏にパリで実際に行ってきました

本当に「夢の」という言葉がぴったりの展示でしたので、パリ装飾美術館で開催された展示を振りかえってみようと思います。

Christian Dior : Designer of Dreams

2017年の初夏のパリ。日差しも強くて夏の暑さがなかなかシンドイ。

会期すぐなのもあり、パリ装飾美術館には平日の午前中でも外には大行列・・。10代の子〜シニアまで、ハイファション〜ご近所カジュアルな方まで。実に幅広かったです。30分程でようやく入場です。

チケットは11€。

ディオール70年を展示するにふさわしい贅沢な広さに様々なテーマ部屋がありました。

中でも大人気だったここは、360度ぐるりと天高く並ぶシーチングで作った仮縫いトワル展示。アイボリーで統一された空間で撮影する方々がたくさん。職人さんの実演スペースもあり皆さん気軽に質問していました。

トワルに書き込まれたメモなどはデザイン途中の当時の様が見て取れます。

他には、カラーごとに分けた展示なんかもありました。コンセプチュアルなミニチュアなども作られてカワイイ。

パリコレにもよく登場する広間には、舞踏会(古い)さながらの圧巻のドレス群。

この広間は、アマゾンプライムで公開され、先週最終回を迎えた「メイキング・ザ・カット」第2話にもショーの会場としても登場。この番組の前身「プロジェクトランウェイ」が大好きでした。当時CS放送で見れずDVDBOX買ってまでシーズン追っかけてました。

そして歴代のデザイナーごとに作品の歴史と貴重なスケッチなどが展示された部屋を抜けると、新デザイナーに就任したばかりのマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)の部屋に続くのです。

切り絵風の紙細工のような装飾があふれた繊細なファンタジー空間。

手間暇かけた装飾に気が遠くなりそう・・。

新ディオールの世界観を堪能して終わりです。

実はガリアーノ時代のエッジの効いたDiorが当時好きだったので実物を見れたのが個人的に感動しました。

オフィシャルグッズ購入

最後に隣接のミュージアムショップで図録と記念のトートバッグ(65€)を購入。

トートバッグはファッション系展覧会の定番品で、たいてい発売されています。お手頃で実用的なので今回もしっかりコレクションしておきました。

ところで、ロンドンのV&A美術館に巡回したようでそちらでもトートバッグも発売されていたようです。

こっちのデザインの方がオフィシャルっぽく見えるような・・。

パリのデザインはコンセプチュアルで個性的だけど、ロンドンverのほうがベーシックでいいなあ・・。

カテゴリー

アーカイブ