冬の星野リゾート トマム ザ・タワー弾丸1泊2日、インドアの過ごし方。館内&客室[宿泊記]

とにかく広い星野リゾート トマム。1泊2日でできる事は限られてしまいます。

北海道勇払郡占冠村中トマム

新千歳空港〜道東自動車道利用 車で約100分、JR石勝線トマム駅から無料バス

トマム ザ・タワーには、すぐそばにゲレンデがあります。日中のグランドフロアにはスキー&ウエア姿の人々がたくさん。ポーターの方々が運んでいる荷物も隊長です。スキーレンタルやウエアショップもあり賑やかです。

部屋に向かいますが、タワーなのでエレベーター待ちは結構長いです。施設内を楽しむのだったら、あまり高層階じゃなくてもいいと思いました。今回は19階の客室です。

19階の客室からの眺め

しかしながら、部屋からの眺めはすごかった。スキーリフトの頂上まで見渡せる風景はタワーならでは。

部屋はやたら広く、なんか違和感のある不思議な間取り???

まず両端にバスルームが2つあります。どうやら2部屋をぶち抜いて1つにリノベーションしたみたい。星野リゾートが買い取る前はいたって普通の広さの客室だったようです。

スキー&スノボユーザーのために、ウエアを引っ掛けるところや、かさばる道具を置くスペースなどもありました。(写真左の壁)シンプルながら使い勝手はよさそうでした。

ベット4台もいらないよー。2人でも4台セットされるのが標準なのかな?

マットレスは簡単に動くので密着できます。こういうの子供のいるご家族は楽しいだろうなあ。

ミナミナビーチに露天風呂「木林の湯」はありますが・・

水回りは2つありますが、メインの1つの浴室は新しいものにリノベーションされているようでした。もうひとつはちょっと古い感じで使用しませんでした。

星野リゾートには、一年中水着で遊べるインドアプール「ミナミナビーチ」があります。

ミナミナビーチ / 宿泊者 無料、日帰り:大人 2,600円、小学生:1,100円

例えプールを利用しなくても露天風呂が併設されています。チェックイン時に宿泊者無料の利用券をもらえます。

木林の湯 / 宿泊者 無料、日帰り:大人 1日券900円 、小学生:1日券 600円

しかし、巡回バスに乗らなければならず、頻度も1時間に3本のみ。Gの現在地からCの木林の湯までは思ったより結構な時間がかかりました。冬のこの時期は湯冷めが厳しそうで、おとなしく部屋風呂を利用。

「Lounge yukkuyukku」のフリードリンク

チェックインしたザ・タワーのフロント近くには、宿泊者が自由に利用できる「ユックユック」というラウンジがあります。

ガラス張りの開放感のある空間で景色を眺めながらフリードリンクが楽しめます。ドリンクはセルフでコーヒーやジュースや各種ティー、なんとスパークリングワインも無料です。有料ですがケーキも準備されていました。

ここだけはゆったりした時間を過ごせます。スパークリングワインが無料なのは太っ腹ですね。

昼間のカウンター席は目の前のツリーにはトナカイをはじめとした動物たちがいるので大人気でした。ファミレスっぽいボックスタイプの席もあったりして日中は赤ちゃん連れや子供たちも居心地がよさげに見えました。

お土産のあるホテルショップ

お土産売り場にはホテルのオリジナル製品が多数ラインナップされていました。

このようなザ・タワーを模したお菓子から、星野リゾートのロゴ入りのグッズなどたくさんあります。

トマムのイラストを使ったグッズだけでもこんなに展開されていました。冬バージョンと夏バージョンのイラスト2種類あります。

私は冬バージョンの手ぬぐいを購入しました。さすがにこの柄はここでしか買えなさそうだし。

周辺には買い物施設はありません

高速道路を降りてから、またJRトマム駅に着いてからも星野リゾートの施設内に入るまで周辺にはコンビニすらありませんでした。そんな陸の孤島状態なので、ショップにはちょっとした食べ物やドリンクも置いていました。小腹が空いた時やレストランを利用しない人にもちょっと優しい。

ビールは売店が閉まってからも買える自販機もありました。

そう考えると、ラウンジのフリードリンクはとってもありがたいサービスでした。

どうせ買うなら空港を応援!
羽田空港のショップが集合、限定品も。いまならセール&送料割引キャンペーン中。