ホーチミンに到着早々の大誤算。恋焦がれた足裏マッサージ三昧の夢が散る・・[街歩きとネイル]

前日夜遅くホーチミンに到着して、今日から本格的に旅を楽しみます。

イビス サイゴン エアポートホテルから繁華街の1区へ。移動はGrabアプリのでさくっとタクシーを手配、約680円。すぐ乗れるし安いし言葉要らずでGrab素晴らしい!

まずは、なにはともあれ両替です。昨夜の空港での怪しい両替商では最小限しか両替しなかったので改めて市内の両替商に向かいます。

やっぱりレートは空港より全然良い。

計算したら6%くらい空港のレートは高かった。こちらはきちんとしたレシートも発行してくれて安心だし、ひっきりなしにいろんな国の方が訪れていました。

足裏マッサージ前に足のお手入れへ

旅行直前まで仕事に忙殺していたため予習不足で旅はほぼノープランのまま。ただマッサージだけは楽しみにしていました。

特に足裏マッサージは大好物♡

上手い足裏マッサージ店がたくさんある台湾&タイは好きな国。好きの大部分はマッサージ屋の存在かもしれない。どうやらベトナムも上手らしいという口コミを見て以来、マッサージ三昧を夢見てワクワクしてました。

旅行直前は忙しく癒しに飢えていたのでカリカリ仕事しながらに「行ったら絶対に足裏マッサージをいっぱい受けるんだ!」というのを励みにして頑張り抜いた。

今思えばこのときから死亡フラグが立っていたのか・・

街ブラしながらネイルサロンへ

足裏マッサージなので、まずは足をお手入れしてから向かいたいと思います。

素爪のままの足なので、ケアもしてもらいたいしサンダルも履くしペディキュアも最初にしておきたい。どちらかというとネイルデザインよりケアが目的なのでgoogle高評価のところに決めました。

両替屋からネイルサロンまでは歩いて約20分。街の様子も見れるし歩いて向かおう。と思ったのが間違いだった。

足元はここ2〜3年愛用しているビルケンシュトック。歩いているうちに足裏の中央やや親指付け根あたりに3cmほどの靴擦れ(丸い水ぶくれからの裂傷)ができてしまった。

いつからこんな軟弱な足になったのよ。

絶対間違いない履き慣れたサンダルだったのに・・。

乾燥した日本から急激にホーチミンの蒸し暑さへ、体温調節のバグで足裏が汗ばんだのか? 舗装されてるのにやたらとアップダウンの激しい歩道歩きが負担だったのか・・? まさかこのサンダルでこんな短時間で靴擦れしてしまうとは。

この旅中、足裏マッサージは無理だな。と最初のたった数十分で夢が消えた。

PRIVE SPA

予約なしで来店。

まわりの相場よりちょっと高めのお店だけど、マッサージやエステもメニューにあるから、甘皮や角質ケアは間違いないのでは?と思ってる。

甘皮ケア&ペディキュア+ヒールケアのコース 340000ドン(約2000円)、聞いたら靴擦れ部分は問題ないそう。ハンドは、甘皮ケア&マニキュアワンカラー 250000ドン(約1500円)。

コロナ禍になって「手指のマニキュアはできればしない、するならジェルネイルはNG(簡単に落とせないから)」という酸素濃度計的な意味の看護婦さんの言葉をずっと守ってて、除光液で落とせるマニキュアカラーを惰性でチョイス。

ちょっとだけ料金高いけどジェルネイルも選べます。店内見渡すとみんなジェルネイルっぽかった。まあ日持ちするしね。マニキュアは2時間、ジェルネイルは3日の保証付き。

ワンドリンクサービスで確かにオーダーしたはずけど結局出てこなかった事に後で気づいた笑

足裏におすすめの絆創膏

私は足幅が狭く靴擦れしやすい足なので、万が一の絆創膏は常に持ち歩いています。場所によっておすすめがあって、踵だったらこれが一番!↓

しかし、今回のような、汗をかきやすく歩くと常に伸縮する足裏にはこの保護テープは向きません。歩くうちにじきに剥がれてきてしまいます。普通の絆創膏ならなおさら。

足裏ならこちらの絆創膏に絶対的信頼を置いています↓

お風呂やプールの水辺でも剥がれず、素足にサンダルで歩いてもビクともしません。傷も動かないからガンガン歩いても大丈夫。

色んな種類がでてるけど一番安くてベーシックなもので十分です。おかげでその後の旅では歩く事にはなんにも困らなかった。