夜の「ベネッセハウスミュージアム」は宿泊者特典。ほぼ貸切、ノスタルジーな現代アート鑑賞[直島]

「ベネッセハウスミュージアム」はコロナ禍のためこの時は18時で閉館していました。でもベネッセ宿泊者は特典として、入館無料&一般閉館後でも23時まで鑑賞できました。

地中美術館のナイトプログラムを鑑賞したあとの夕食スタートだったので、レストランを出ると既に21時すぎ。なので直接レストランから歩いてベネッセハウスミュージアムに行ってみようと思います。

高台に建っているミュージアムなので、海辺のレストランからはずっと上り坂・・。お腹いっぱいだとややキツい。

ベネッセの敷地内だけど、最低限の街灯なので思ったより薄暗い・・。一人歩きはちょっと心細いな。徒歩客のための階段道があったので少しだけショートカットできた。

美術館でもあり、ミュージアム棟に宿泊するホテルフロントでもあります。館内は写真NGです。

ベネッセハウスミュージアム

8:00〜21:00 ※ベネッセハウス宿泊者のみ23時まで
鑑賞料金:1,050円 ※15歳以下&ベネッセハウス宿泊者は無料

ベネッセミュージアムは現代アートの美術館ですが、展示されている作品はほぼ開館した90年代発表の作品。

そのため、現代アートながらどこかノスタルジーを感じます。

どこかで見かけたような・・と感じるものが多かったのは、この表現手法を後世にコピペされ大衆化されたからでしょうか?

どこかで見かけたような・・と思う源流はここにあるのかもしれません。

2021年の今、ファーストインパクトで勝負する作品群ではないので、心を素直に整えて鑑賞できました。

美術館というハコに単純展示したのではなく、「アート(作品)のために設計」もしくは「空間に見合うアートを創作する」・・・

建物とアートがお互いのために存在するWで贅沢な美術館でした。

コツン、コツン、と足音が響くのは自分だけという贅沢な空間!途中お一人だけ一瞬お見かけしましたが、ほぼ独り占めで鑑賞できてしまいました。

ただし夜には見れない作品もある

夜のため電気を使うもの・音が出るアートと、屋外展示の作品は鑑賞できませんでした。

お目当ての杉本博司の「タイム・エクスポーズド」シリーズなど、やはり明日出直さないと見れないアートがありそうです。

客室に戻ろうと思いますが、さすがにフロントで送迎をお願いしました。快く手配してもらえます。レストランでも「手配しましょうか?」と聞いてくれていたのでお願いしたらよかったかな。

パーク棟のアート作品

客室のあるホテル棟に戻ってきました。ここパーク棟には宿泊者しか鑑賞できない作品が多数展示されています。一般の方は立ち入れません。

コンクリートの無機質な空間に彩を添えているものは全てアート作品。

カードキーをかざして客室に向かう手前にロビーの端に鎮座するのは、アントニー・ゴームリー作「サブリメイトⅣ 」。日中はそれほどでもなかったのですが、夜のライティングの元ではCGのように浮かび上がるデジタル・ビット・ロボットのよう。かなりドキッとしました。

コンクリートとの相性も半端なく、写真だとさらに現実なのか?非現実なのか?わからなくなる。

地下にはお目当ての「杉本博司」作品群が! こちらは後ほど♡

部屋のテラスからはライトアップされた屋外作品。右の三角屋根は夕食のレストラン「海の星」。

きちんとアートと向き合おうとすると、とてもじゃないけど1泊では足りないです!