海沿いのテラスでフレンチコース「海の星 Etoile de la mar」の夕食付プラン。直島ベネッセハウス[宿泊記]

予約時に和食と洋食の夕食を選ぶことができます。どっちを選んでも宿泊費の価格は同じでした。

ただしベネッセハウスは、広大な敷地に点々と離れて建っている施設の立地なので、宿泊しているパーク棟から近いフレンチレストラン(洋食)を選びました。

それでも部屋から歩いて5分くらいかかるかも。ちなみに和食レストランは歩いて行くのはちょっと厳しいところ(ミュージアム棟)にあるので車で送迎してくれるそうです。

テラスレストランは、パーク棟と馴染んだデザインコンセプトのようで、天井の梁や角度のついた天井など似ています。

デギュスタシオン おまかせコース

コースはシェフのおまかせコースです。13,310円相当のコース料理なので、それを考えると夕食をつけたほうが宿泊費はとってもお得に感じます。

ドリンクは、主人がワインのペアリングを注文していました。すかさず交渉して1杯目のスパークリングワインと私のビールをわらしべ交換!

ペアリングワインは「スパークリングワイン・白ワイン・赤ワイン」のセットで4,235円。ちょっといいワインに当たることもあったので、なかなかお得だと思います。

まずは、自然放牧で育てた羊のミルクのフロマージュ。

日本のオリーブオイルといえば、直島からご近所の小豆島。パンにたっぷり使わせてもらいました。ベネッセハウスオリジナルだそうで販売もしていました。

前菜のマリネ。お美しい♡

シェフからの一皿。洋風の創作寿司仕立てで、今回のコース一番のお気に入りのお皿でした!

瀬戸内海産ヒラメのポワレ。ここは瀬戸内海、お魚はさすがの美味しさ!

お肉料理の前に「お好きな色の柄のナイフをどうぞ」と、10色くらいありました笑 べっこう風をチョイス。

和牛ランプ肉、大好きな赤身で美味しい♡

デザートは2皿もでてきました。まずはさっぱりとお口直しの冷たいデザート。

締めは、紅茶といちごのパリパリの薄皮ミルフィーユ。苦味が効いてて大好きな感じ!

オリーブオイルで食べるパンが美味しすぎてちょっと食べすぎてしまいお腹はパツパツです。しかも、さらにマカロンと焼き菓子があるとのこと。さすがにギブアップで「お部屋でどうぞ」とケーキ箱に入れて持たせてくれました。周囲の方々も持ち帰り率が高かったようです。

食事が終わり、私は宿泊者特典のナイトミュージアムに行くため、ひとり歩いてベネッセハウス ミュージアムに歩いて向かってみます。宿泊者は夜の23時までゆっくり鑑賞できるのです。