新幹線でなく「特急ひのとり」で大阪へ。名古屋→難波・プレミアムシートに乗車

「特急ひのとり」とは、運悪くコロナ禍の2020年3月に運行が始まった近鉄の特急です。

その当時を思い出してみても、名古屋駅が始発(終点)にもかかわらず地元メディアに取り上げられたりニュースになってたかな??って思い出せないくらい。ちょうど東京オリンピックどうするのか?から、延期するという決定がされたのがまさにこの3月でした。

名古屋に住んでいても露出が少なかったタイミングの悪いデビューという印象でした。

しばらくして旅行することが世間的に許されてきた頃、ようやくその存在を知り、いつか乗ってみたいなと思っていました。特に列車の前後両端に2両だけあるプレミアム車両に。

今回、大阪へ一泊する用事ができようやくチャンス到来しました。

プレミアムシート

まずは近鉄のHPからチケットレス特急券にて席を予約。あいにく一番前は全て売り切れだったので2列目のソロシートを確保。当日は画面かプリントアウトを持参すればOKです。(当日は結局一度も確認されず)

近鉄名古屋駅が始発です。この日の天気は雨だったので雨にぬれた車体がやってきました。大きい窓からの景色に少し期待していただけに残念・・。

ドアが開き入ってすぐは無料でスーツケースが収納できるロッカーと自動販売機があります。車内販売はありません。誰でも利用できるけど、プレミアム車両に併設されているからレギュラー車両のからは多少歩くかな。

車内販売がわりの自動販売機

スナック菓子の自販機かと思いきや、お湯で溶かすたまごスープや特急ひのとりのオリジナルグッズも売っていた!メタルキーホルダー800円など。

コーヒーは全自動コーヒーメーカーの挽きたてです。

ビジネスクラスのようなシート

中2階程度の階段をあがるいわゆるハイデッカー車両。1列につきペアとソロの3席で、窓からの景色は見下ろす感じで気分良し♪

ビジネスクラスの座席みたいなリクライニングしても後ろの座席の人に影響しないバックシェルのソロシートです。革ソファ特有のふかふかさ。高級マッサージチェアみたい。

全面左右は見晴らしの良いガラス窓で解放感はあるけど、天気が良い日中は女性は特に紫外線が気になるかも。今日は雨でよかったかもな。

リクライニングは自由自在。広いし新幹線のグリーン車よりも快適だわ。

新幹線との比較

しかし、大阪・難波までは約2時間ちょい、新幹線なら名古屋-大阪間は約50分です。この差をどうとらえるかで人それぞれの意見が分かれそうです。

価格でいうと、プレミアムシートの特別料金900円を合わせると「ひのとり 5240円(レギュラー車両なら4540円)」。「新幹線指定席 6680円

今回の私みたいに時間に余裕があれば、ひと眠りできそうなプレミアムシートの「特急ひのとり」がおすすめできるかな。新幹線より座席が素晴らしいのでのんびり旅におすすめです。