朝イチの足跡さがし。小動物の後を追う童話気分で散歩、フラノ寶亭留の朝[宿泊記]

昨夜に引き続き、フラノホテルの贅沢な敷地を早朝ひとり散歩。

前夜に除雪車が通った跡が残っているだけで、おそらく今日は私が初歩きです。

まずは敷地の奥まで行ってみます。もちろん目的は小動物探し。本物に出会える可能性は低いですけど。

まだあまり雪が降らない時期だったので、昨夜の除雪からはうっすらフロスト状の雪のみ降った模様。ホテルのプライベートスペースだから、ちょっとだけ早起きすれば誰でも今日一番が狙えます。

早速、昨日の夕暮れでは見つけられなかった足跡がいっぱい!!!! 何匹?!家族?!

ひとしきり歩き回って、てとてとと藪の中に消えてゆく足跡。

ちっこい♡

ここまで奥だとホテルの建物も見えないので、どこかの童話の登場人物になった気分で子供がえりしてしまいます。雪が珍しい暮らしをしてると、すぐにどっぷり非日常的感覚にハマってしまう。

空から馴染みのないエンジン音が聞こえてきて、見上げるとパラグライダーが遊覧していました。

→富良野でモーターパラグライダー

なるほど〜、こういう富良野の朝の楽しみ方もあるのね。晴れて穏やかな日だったので気持ちよさそうでした。

最奥までは除雪されていなかったので、折り返し戻ります。

あとは昨夜から楽しみにしていた、まっさらの雪が積もるホテル前の歩道に足跡をつけていきます笑 気持ちよさがたまらん! 積雪は2〜30センチくらい。

しばらくすると、初足跡は「私」だと思ったら、先客がいた!

ラベンダー畑の真ん中を突っ切って堂々と客室前まで!ふてぶてしいぞ。キツネかなあ??

どこに行っても足跡だらけ。客室近くだろうがお構いなしに動物たちは徘徊しているようです。

これなんか新しい。ベランダでずっと張っていたらいつかお姿が観れるのかな??