5つ星のサイアムケンピンスキーホテルバンコク、エグゼクティブラウンジフロア滞在編[宿泊記]

バンコクで「サイアム ケンピンスキー ホテル バンコク」のエグゼクティブラウンジフロアのアクセス付き宿泊をしてきました。

エグゼクティブラウンジフロアのすすめ

早朝到着&深夜出発便はラウンジフロア付き宿泊がおすすめ

バンコクへは、朝6時前に到着、帰りは24時位に出発する「早朝着・深夜発便」というタイの観光旅行で多いフライトプランでした。それなのに通常ホテルはチェックイン15時〜、チェックアウト〜12時が多いと思います。

チェックイン前にホテルへ荷物を預けて外出を楽しむことはできます。でもホテルのエグゼクティブラウンジのアクセス付きの予約ならチェックイン前でもホテル内で手厚くサービスが受けられます。

ホテルのエグゼクティブラウンジの恩恵を受けれるのは、実は滞在中よりチェックイン前とチェックアウトの後かもしれません。

短い滞在日数こそラウンジアクセスはおすすめです。(ホテルによりサービスが異なるので今回り用したホテルでの個人的感想です)

このバンコク旅行で泊まったホテルはこちら↓

  • Siam Kempinski Hotel Bangkok

▼ここから価格をチェック▼ >> サイアム ケンピンスキー ホテル バンコク 

エグゼグティブ特典

今回利用したラウンジの簡単な特典がいただいたレターに書かれていました。

  • 利用時間 6:30〜21:00、
  • 3回の軽食・カクテルサービス
  • プライベートコンシェルジュ
  • 1日1着のランドリーサービス
  • 市内通話、新聞サービスあり

うち、コンシェルジュサービスと電話新聞は利用しませんでした。

チェックイン前なのに朝食が食べれた

朝早く空港に到着しそのままホテルへ直行しました。

早朝に到着したのにもかかわらず、カウンターで今日チェックインの旨を告げると、部屋は15時からだけど今からでもラウンジを使えるとのことでした。

ちょうど朝食サービスの時間帯(6:30〜11:00)です。朝ご飯を食べたかったのでラッキー♡高速インターネットも使える。

トランクを預かってもらい、まだルームキーは発行されない時間なのでエレベーター(アクセスキーが必要)が使えない私たちのためにスタッフさんがラウンジフロアまでわざわざアテンドしてくれました。

入り口(夜)左のデスクで入場チェックします。

ラウンジは、景色の良い窓に細長く広くスペースとったスカイビュー。

外れ席みたいなものがなくどこに座ってもいい感じ。席数も沢山あり、いつ行っても混んでる印象はなくゆったりできました。

テーブルに案内されたら朝食の準備にとりかかってくれます。ホットミールはテーブルオーダーで、基本はブッフェ形式です。

朝シャン

なんといってもこちらのホテルの朝食は朝からシャンパンがあるのが有名。下のレストランにもここラウンジにもしっかりあり、もちろんいただきます!

メニュー的には下のレストランのほうがラウンジより品数は多かったです。

ただこちらは常に人数がゆったりしていて一人の方や落ち着いた大人の方が多かったです。下のレストランはファミリーが多く朝から賑やかでした。

食事が済んでも追われることもないのでインターネットをしながらダラダラと今日どうしようかな〜と。今の天気と気分でゆっくり予定を立ててホテルから出発できました。

チェックイン前にラウンジ入場ができ、朝シャンパンも朝食も食べることができました。

アフタヌーンティータイム 14:00〜16:00

彩り豊かなピンチョス&ケーキなどがメインです。

新鮮なアペタイザー、お菓子、しょっぱいもの・甘いものバランスよく小腹は十分に満たされる感じ。ただしホットミールとアルコール類はありません。

ケンピンスキーはドイツのホテルブランドなので、メニューはアジアンやタイっぽいのは少なめ。それだけがちょっと残念でした。宿泊者は欧米の方々が多かったのでそういった方に好まれるフード系なのかな。

カクテルタイム 17:00〜19:00

ワインやカクテル各種アルコール類が楽しめます。

自分でカウンターに行って好きなものを取りいってもいいし、テーブルオーダーで持ってきてもらったり、カクテル類を注文するのも可能です。日本も含め各国のビールもありました。

ピンチョスやスイーツ系やちょっとした前菜もありますが、この時間はホットサンドを作ってくれるコーナーが出現!

中の具材や好みのパンをその場で選んでシェフがすぐに作ってくれます。普通に食事がわりになり、これを食べたらもう夕食なしでいいよねってなった日もありました。

閉店まで 19:00〜21:00

ただしっかりろした食事系はカクテルタイムの時間が終了すると下げらます。

その後はアルコールを含めたドリンクと前菜やおつまみ系のみの提供になります。

ランドリーサービスも利用してみた

クリーニングも1日1着頼めます。

試しに主人のシャツを頼んでみました。翌日午後に部屋から戻ると、こんな素敵なアジアン風ボックスにお花が添えられ戻ってきました。

開けると素敵な生地におくるみされて。襟にはきちんと厚紙の芯が入りプレスされて仕上げ。

もともとクリーニング代が安いバンコクですが、利用すれば荷物も減ります。洋服ももっと少なくてよかったかもな。

最終日、チェックアウト後もクラブラウンジ滞在

部屋の利用は12時まで。フロントで引き続きエグゼクティブラウンジは利用可能なのを確かめてチェックアウトの手続きをしました。

今まではルームキーがエレベーターのアクセス認証やラウンジ入場チェックをしていたので、返却した後どのようにすればいいのか聞いてみました。

そうしたらチェックアウト後にもエレベーターとエグゼクティブラウンジ使えるようにカードキーを書き換えてくれました。部屋へはもちろん入れませんが。「帰るときはラウンジのカウンターで返却して」とのこと。ちょっとした休憩にホテルをまだまだ利用できます。

最終日は21時には空港に到着する予定です。預けた荷物をピックアップするついでにカクテルタイムで少し食事してから帰ることにしました。

出発する時間が近づいて、ちょうど話しかけてくれたスタッフにカードキーを返却。主人曰く、「俳優のようなカッコいいスタッフ」が最後にステキな笑顔でご挨拶してくれたので、このホテルでの滞在がとても良い締めの形になりました。

ここのホテルのスタッフは、時に王族やVIPをもてなすこともあるそうで、エグゼクティブラウンジにいらっしゃるのはきっと一流のスタッフの方々なんだと思いました。そういった方々のサービスが受けられるのがこちらも光栄に思いました。

チェックアウト後も夜20時までラウンジに滞在できました。

アルコールサービスがタイではとても気楽

お酒大好きな私たちにとって、タイはアルコールを買える時間・飲む時間が決められているため少し窮屈・・・。ワインや洋酒は割高感がありました。

だからこそ余計にクラブラウンジの利用が気軽だったし結果的にお得だったのかなと思います。

  • Siam Kempinski Hotel Bangkok

▼ここから価格をチェック▼ >> サイアム ケンピンスキー ホテル バンコク