王室の地に立つ高級ホテル。サイアムケンピンスキーホテルバンコク & クラブラウンジ ロビー編[宿泊記]

今回予約したのはドイツのホテルブランドの「サイアム ケンピンスキー ホテル バンコク(ラウンジアクセス付宿泊)」。

バンコクなら、ホテルのクラブラウンジアクセスもお買い得

バンコクは、世界の一流ホテルが驚く価格で宿泊できるのが魅力です。またホテルのクラブフロア(エグゼクティブフロアラウンジ)も、タイなら手が届きやすい価格です。

バンコクでは3つ星ホテルレベルから高級ホテルまでクラブラウンジを備えている所が多い印象です。

今回の旅ではぜひラウンジアクセス付きの宿泊がしたいと思い色々調べました。通常ホテルラウンジの情報は、オフィシャルHPにも詳しく記載されている事がないので口コミ等も参考にしました。

ケンピンスキーホテルは日本未進出で知名度が低く、さらに現地には日本語を話せるスタッフ不在のせいか、なかなか日本人の口コミが少なくて決め手にかけていました。

サイアムケンピンスキーホテル トリップアドバイザーで口コミをチェック

タイ王室所有の土地に立つ5つ星ホテル

ケンピンスキーホテルは100年以上の伝統を持つドイツの老舗高級ホテルグループ。株主にはタイ王室、そしてタイ王室所有の土地に立つホテルだそうです。信仰深いタイでそれだけでも何やらパワースポット感がありそうな・・。

クラブラウンジ体験記になると口コミが更に少なかったのですが、5つ星ホテル割にラウンジアクセスの価格が良心的だったこと、タイ王室が所有していた土地に立つホテルというプライドが何かしらあるのでは?と思いこちらに決めました。

個人的にもう一つ、こちらの朝食(ブッフェ)は朝シャンパンがあるらしく、そういう文化的雰囲気があるのはとても素敵だなと♡(決してガブガブいきたい訳では・・・)

BTSサイアム駅〜サイアムパラゴンすべて直通、専用通路でホテルへ

雨にも濡れないし涼しいし、タクシーに乗らず自力で動きたい私たちにはとっても便利な場所でした。常に渋滞がひどいサイアム地区なので空港アクセスは電車を利用しましたが、スーツケースの移動も楽。

ただ直通といえど、広大なショッピングモールを突っ切りますので5分くらいはかかります。こちらはサイアムパラゴンの2階奥、ホテルにつながる渡り廊下入り口です。

ホテルの車寄せ、ファサードやエントランスはあまり大した事がない印象です。・・・

贅沢な空間! 高い高い吹き抜けと開放感のあるロビー

ただ!一歩入ると目の覚めるようなラグジュアリー空間で空気がぱっと変わります。外観は勝負せず、顧客のために内観に手をかけ、こだわりぬいた空間を提供しているよう。

天井が高く、自慢の中庭側はガラスいっぱいに瑞々しい木々とプールで開放感があります。隅々まで手抜かりない。

最高の立地とスケールメリットで、バンコクの喧騒を感じないリゾートホテル

中庭は、歩ける場所よりプール(水)の面積が多く感じます。入り組んだ形のプールはプライベート感もあって、他の方が気になりにくい面白いデザイン。深さも色々バラエティがありました。地上のほうが迷路のようでお目当ての入口にたどり着けないトラップ感笑。

このホテルご自慢の、客室のベランダから直接プールがつながっているカバナルーム(Cabana Room with Direct Pool Access)の部屋も右に見えます。

ホテル棟とレジデンス棟でぐるり囲まれ、バンコクの喧騒風景は目に入りません。それにしてもこの空間を日々満喫しているレジデンスの住民はどんな方達なんだろう。

ロビーインテリアの色使いが、タイ王室を感じる

どちらかというとヨーロッパデザインの印象が強いのですが、よーく見ると色使いに王室らしさがありました。狙いなのかどうかはわかりませんが、ロイヤルカラーの黄色と紫を印象的に使っていてタイ王室ぽいなと思いました。

今まで泊まった国内外ホテルの中でもゴージャスレベルはかなり上位!

サイアムケンピンスキーホテル トリップアドバイザーでチェック