SFC修行の回顧③~ANA NH215(B787-9)HND→CDG ビジネスクラスでパリへ[搭乗記]

2017年にSFCホルダーになるまでを振り返ります。

優先搭乗のなんたるかも知らない頃、ボーディングタイムの直前くらいにラウンジを出ました。すでに登場は始まっていて、普通にエコノミーの方と同じくらいにゲートを通過しました。

プライベート感が最高!スタッガードシート

でも、今なら真っ先に搭乗するんですけどね(飛行機好きならやっぱり撮りたい座席写真)。ちょっと出遅れたので先客を気にしてささっと。窓側縦並びで、私は窓側寄り、主人は通路よりです。

なぜ縦並びかというと予約が直前すぎて(1ヶ月前)縦横の並びがここしかなかったのです。

会話もチャットもできないのでやや寂しいです。が、スタッガード配置は、一人旅やビジネスマンの方は最高ですね。どこに座っても。

私たち夫婦で会話が不便だな〜と思うときは飲食時くらい。まあ数分の不自由です。

こちらは主人のシート↓ 

アメニティは、ニールズヤードのポーチ&コスメ。ただこのポーチは使いにくく、今でも私の評価は低いという事を付け加えておきます。しかし、中身は最高です。

オーガニックリップだけでも1500円以上はしますよね?!こちら。ハンドクリーム10ml&フェイシャルミスト10mlは香りがおだやかなので、どこでも使いやすい。持ち歩きやすい。

ビジネスクラスは満員で離陸です。もちろんウェルカムドリンクはスパークリングワイン。

機内食は出発地がお得意のほうをいつもセレクト THE CONNOISSEURS

なんとなくですけど、いつも日本発なら日本食。海外発ならその土地のものを選んでます。レストランでも、シェフが変わると味が変わるから・・ですのでもちろん日本食をセレクトしました。

国際線ビジネスクラスの機内食「THE CONNOISSEURS」。この時の和食は、とうふやうかいのプロデュース!最近手広くビジネスを広げている印象があります。ウニやカラスミなどの前菜。器まで計算されて空の上でこのコース贅沢じゃありませんか!

空の上で百合根の飛龍頭が食べれるとは!餡はずわい蟹、牛のしぐれ煮御飯、うかい名物 豆水とうふ。豆水とうふはスープとしてアラカルトでも注文できました。

こちらは主人セレクトの洋食。和牛のロール仕立て。美味しそう!会話ができない分、カメラを渡して撮りあい見せてもらいました。

フルフラットシートと日本仕様の睡眠用品だから最高に寝れる

パリまでは12時間45分のフライト、現地時間の夕方の到着です。

スパークリングワインをのおかわりを聞きにきてくれたCAさんに、もうそろそろ寝る準備をしたいから迷う〜と話したら「それでしたらカモミールティがいかがですか?おやすみ前におすすめですよ」と天使の笑顔

また、私より目線が下になるように跪いていらっしゃるのが恐縮です。心の中で(あ、これは日系エアラインの特有の!)と、思いつつ笑 まあ就寝前で安心感を持って会話ができるように配慮していただいたのかもしれません。

カモミールでほっとして暖まったら、暗くしてシートをフルフラットに。

ベットパット・コンフォーター・枕は西川製。日本の製品であることが、日本人の体つきと相性が良く慣れ親しんだ安心感もあります。特にベッドパッドはあるとないとでは快適さが違います(主人はお間抜けでセットせずに寝てしまったそう)。マスクで湿度対策をしてぐっすり眠れました。

もったいないくらい寝て、起きたのは朝食(昼食)の準備音。朝も和食をチョイス(残念ながらもう「とうふやうかい」ではなく)。お魚と煮物の定食です。

初めて乗った日系ビジネスクラスはリラックス感が最高です!

あっという間に到着です。こんなにリラックスしたフライトは初めて〜。やはり今まで乗った外資エアラインは例えビジネスクラスでも常にどこか気が張っていたのだな思いました。言葉や食事含め。

スターアライアンスはターミナル1に到着。2017年は今後もいろいろお世話になるCDGです。

カテゴリー

アーカイブ