北海道富良野「フラノ寶亭留」、2020年の夏&冬に泊まった比較・宿泊記まとめ

同じ年に季節を変えて泊まった「フラノホテル」。

季節によってがらっと風景が変わるのは北海道ならではだな、と感じました。同じホテルでも滞在中の過ごし方も気分も違っていて飽きませんでした。

季節が変わると、おすすめの過ごし方もちょっとづつ違っていて比較になるかなと思いまとめてみました。

夏・2020年8月の滞在

夏は広大な敷地のラベンダーやグリーンが映えて、自家農園や林の散策が楽しい季節。自然とテンションのあがる滞在になりました。カートの運転も楽しい。

おすすめは、友人やカップル家族連れと。

屋外での楽しみ方も多いので誰かとワイワイが楽しいと思います。一人で外を散策したとき、周りのカップルが楽しそうで羨ましかった・・。

冬・2020年12月の滞在

冬は、逆に館内でゆっくり過ごすのが似合います。

当日の天気によっては外に出ることが難しい事もあるかもです。ゆったり暖炉の火にあたって心落ち着く大人っぽい滞在ができるのでは?

おすすめは・・・ひとり旅!

夏から一転、一人旅がサマになる!ホテルの空気感もおひとりさまを暖かく歓迎している雰囲気がありました。

レストラン・フラノフレンチ

滞在の大きな理由のひとつ、レストランでのフレンチディナー。

特に夏は「敷地内のファームでさっき見た!」と感じる野菜が出てきたり、ちょっとした感動がありました。

贅沢な敷地の散策

特に朝は、夏も冬も早起きしたくなる魅力的な時間帯です。

滞在時、ゲスト数も限られているなか散策しようと思っていたのは私だけ???

お散歩好きなら独り占めの確率は高そうです。